インフィック株式会社

介護シーンのサポーター!介護のすべてのシーンを人材と情報ネットワークでつなぎます。

メニュー

車椅子で外に繰り出そう!

インフィックグループTOP > 介護用品ブログ > 車椅子 > 車椅子で外に繰り出そう!

2017/04/11 車椅子

車椅子で外に繰り出そう!



様々な事情で思うように歩けない人も、車椅子を使えば移動できて、外出もできます。症状によっては自分の意思で動かせない場合も、介助者が押すことで移動が可能になります。当たり前のような話ですが、車椅子の存在一つで、明るい陽射しと風を感じて人々の中に繰り出せる大きな武器になるのです。

そこで、車椅子を始めて使用する方や、その介護者の方に向けた車椅子の基本知識と選び方、そしておすすめモデルと、購入出来るショップをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

出典:介護専門専門 まごころショップ

 

第一章:車椅子アレコレ

 1.車椅子を使用するメリットとは?

車椅子のメリットは最初に触れたとおりですが、足腰が弱くなっていたり、足そのものが動かせない場合には寝ているのが一番楽なのですが、寝たきりの状態だと、筋力も弱まってしまうのです。座り姿勢を保つことができれば、座っている時間も長くなって自然と筋力も付き、食事や趣味などへの関心や楽しみが広がるだけではなく、外出したいという意欲もわいてきます。

 2.車椅子の種類はどんなのがあるの?

車椅子の種類大きく分けて「自走用」と「介助用」の2つのタイプに分かれます。「自走用車椅子」は、ご自分で車いすを動かせる方に向けです。タイヤの外側に付いているハンドリムという「わっか」を手で回して移動したり、足を使って動かすことも可能です。

「介助用車椅子」は介助者が押して移動するタイプで、「モジュラー型」、姿勢を保つことが難しい方向けの「姿勢保持機能型」などがあります。また、その他にも手を使う事が難しい方のための電動(ジョイスティック)タイプなどというように、症状に合わせたタイプがあります。

この中から、次にご自身で動かすことの出来る自走式車椅子」の選び方をご紹介します。

第二章:車椅子の選び方

屋内でも屋外でもオールマイティーに使えることを考えれば、軽量な折りたたみタイプが最良の選択になりますが、その前に車椅子選びのポイントを説明しておきましょう。

"車いすを選ぶ際には、ご自身の座位する能力、姿勢への対応、乗り移りの方法、使用する環境、ご自身が動かせるか介助者が使用すのかなど様々な点を、専門委やリハビリテーション医と相談し、適切な指示とアドバイスを受けることが必要となります。この項では、その上でどんな選び方が良いのかを解説しています。

出典:介護専門専門 まごころショップ

どんな介助用品にも言えることですが、車椅子も体に合ったサイズを選ぶことが大切です。室内で使用するなら、小回りがきいて動きやすいコンパクトなタイプがいでしょう。外での使用なら、安定性と乗ってて負担の少なく体に楽な事を重視して選びます。

そして、クルマに積みこむことを考えたら、軽くてコンパクトな折りたたみタイプを選ぶのが理想的です。

第三章:良い車椅子とは?

1.コストパフォーマンスとメンテナンス

ただでさえ体の自由が利かない利用者や、介護に大変なご苦労をされている方にとって、タイヤがパンクするなどメンテナンスの大変さは深刻です。その点、ノーパンクタイヤを採用しているモデルなら安心です。

 

出典:介護専門専門 まごころショップ

 

車椅子自体はシンプルな構造なので、タイヤさえパンクしなければほぼノーメンテナンスで使い続けられます。そして、経済的な負担が少なく丈夫であること、すなわちコストパフォーマンスが良い事も車椅子選びにおいて重要になります。

2.お勧めの車椅子は?

㈱ミキが製造するBAL-1というタイプは、病院や施設での使用に最適なハイポリマータイヤ仕様のリーズナブルな車椅子です。ご利用されている病院や施設などでもみられたことがあるのではないでしょうか?特徴は12.9㎏と軽量で幅も64センチとコンパクトで取り回しが楽なこと。そして、パンクや空気漏れの心配のないハイポリマータイヤ(ノーパンクタイヤ)で、アルミ製なのでサビにも強く耐久性もあります。

もちろん折りたたみタイプですから、折りたためば335ミリとなり、アルミ製で軽量なことと合わせて車への積み込みも楽々です。さらに、介護者が押す際に必須のブレーキも装備しています。

出典:介護専門専門 まごころショップ

BAL-1

 

重量:12.9㎏(アルミ製)

耐荷重:100

通常使用時の寸法

全長930mm×全幅640mm×全高865mm

折りたたみ時の寸法

全長965mm×全幅355mm×全高670

3.どこで購入するの?

初めて車椅子を購入する際に一番最初に思うことは「車椅子ってどこで売っているの?」ということではないでしょうか?通常の生活において、車椅子の販売店を見かけることは少ないので、いざ必要となって初めて調べる人がほとんどです。

そこで、ネット通販を行っている「まごころショップ」をお勧めします。様々な介護商品を扱う介護専門ショップなので、ご紹介したBAL-1以外の車椅子も豊富に取り揃えています。しかも、価格の安さにも定評があるので、まずは「まごころショップ」のサイトを一度訪れてみてください。

 

出典:介護専門専門 まごころショップ

納得のいく車椅子で外へ飛び出しましょう!

いかがでしたか?まとめると、車椅子選ぶポイントは、自分の症状と体、そして使用条件にに合っている事がまず第一です。そして、コストパフォーマンスの優れた車椅子を選べて信用出来るショップを探すこととなります。ぜひ納得のいく車椅子を手に入れて、外へ街へ飛び出しましょう!

前のページへ戻る

ページの先頭へ